会社を知る会社を知る

  • 井出くん
  • 遠藤くん
  • 平方さん
  • 小菅くん
  • 葛野くん

遠藤くん

5年目 電気科卒業(取材当時)

所属首都圏中央支社 建物管理1部 主な取得資格:第2種電気工事士、ボイラー技士2級、消防設備士(乙種7類)等
現在、第3種電気主任技術者取得に向け勉強中!

業務非常駐設備管理業務

シゴトの時間

都内3物件を担当中。お客様との距離が近く、感謝される機会が多い仕事です!

入社3年目に首都圏中央支社に配属となり、非常駐設備管理業務を行っています。非常駐管理は1物件に対し、一人が担当するため、お客様への報告や提案など直接やりとりする機会が多くあります。自分の行動に対する責任が大きくなりますが、お客様から「ありがとう」と感謝されることもあり、それが仕事のモチベーションになっています。
日常業務は、担当物件の設備定期点検、不具合発生時の緊急対応、お客様(ビルオーナー)への月次報告書の作成など多岐にわたります。現場が離れていて、社外に出ている時間も長いため、仕事を回すのが大変です。自分で立てたスケジュールに、緊急対応が入ってくることもあり柔軟な対応と的確な判断が求められます。緊急時は、お客様、テナント様、協力会社など関係各所との連絡を密にとり、スムーズに対応できるよう心がけています。

現場に行く前に必要な工具を確認

Q:知識・技術の習得方法は?

電気の知識は高校で学んだことが今でも意外と活きています。設備管理のイロハは1年目と2年目の常駐管理の現場で。大現場には設備管理のベテランと呼べる人がたくさんいるので、ここで基礎をしっかり教わることができました。いま一人で物件を担当することができるのも、常駐現場での下積みがあってこそのことだと思います。工事に関する提案や見積、監理などは、非常駐管理を担当してはじめて携わりましたが、段々と扱う工事の規模や金額が大きくなってきたので、的確な提案ができるようになったのかな、と感じています。コミュニケーション能力は、日々の飲み会で培われています(笑)。

現場は離れているので車で回る

エールの時間

電気の知識は、実務でも役立つので大切に!

電気を勉強している高校生の皆さん!今習得している知識は、実際に現場に出てからも役に立つことがあるので、ぜひ頭の片隅にでもとっておきましょう!(笑)
とはいえ、もちろん、入社後にも研修や実務など学ぶ機会はたくさんあります。鹿島建物は教育体制がしっかりしていて、配属は個人の性格をみて考えてくれます。誰でも、無理なく着実にステップアップできる環境があるので、安心して入社してください!

遠藤くんのある日に密着!

一日の作業スケジュールを立てたら早速お客様のもとへ! 時にはこのまま一日中、社外に出ていることも・・・

会社にいるときは、報告書の作成や見積りの作成など、集中してデスクワークを進めます。

中央支社は若手の配置が多いので、先輩、同僚、後輩の歳が近く、誰かと飲んで帰るのが日課になっています。赤坂はいいお店がたくさんあって、毎日楽しいです!

ワークプレイスデータ

鹿島建物 首都圏中央支社

首都圏の港区、 千代田区、新宿区等エリアの建物の常駐、非常駐管理を行う拠点。
首都圏中央支社のある赤坂中西ビルは、赤坂見附駅から徒歩1分、青山通り沿いに立地している(写真中央の1階に銀行が入るビル)。

所在地 東京都港区赤坂4-1-33 赤坂中西ビル6階 

  • 井出くん井出くん
  • 遠藤くん遠藤くん
  • 平方さん平方さん
  • 小菅くん小菅くん
  • 葛野くん葛野くん